貯金を増やして財産を作る方法 3技術公開

お金

 

「この世は、金だ」

「この世は、愛だ」

私は、どちらも大切だと思います。

でも、好きな人や、大切な家族に何かしてあげたくてもお金が、なくてできないなんて悲しいと思います。

貯金をしたくてもできない人は多いと思います。

仕事をやめるにもそんな簡単ではないって人が大半だと思います。

資本主義社会である私たちは、お金を使っている人が儲かる仕組みになっています。

昨今の不景気の影響により将来に向けて、絶対に貯まる貯蓄の方法を紹介します。

私もこれでお金を貯めて、低収入ながら好きなことをできています。

お金が貯まらない理由

なんだと思いますか?

  • 貯めようとする
  • 無駄が分からない
  • 何に使っているかわからない

貯金をするために何をすればいいのかという考えが足りません。

受験勉強でも、勉強時間だけ確保しても、どんな勉強をするかで成績が変わってきますよね。

お金の収支が分かっていない

何に一番お金を使っているかわかっていないのが現状です。

大切なのは使って意味のあるものに使うことです。自己投資や投資です。

どこで、削っていいのかわからないのもほとんどの人が当てはまります。

何に無駄なお金がかかっているのがわかっていません。

都内に住んでいたら、時給を考えたら車に乗る費用よりタクシーの方が安上がりになっています。ガソリンや保険など。

なぜそんな判断をしてしまうのか。

量が膨大で、不確かなことは自分のいいように解釈するという心理が働きます。

曖昧だと自己評価が高くなります。

口座をたくさん持っている

1000万くらいもっていたら分けた方がいいと思いますが、少ない人に限ってタンス預金をしたりしていませんか?

そうすると、お金を多く持っていると勘違いしてしまいます。

瓶に入ったお金をいざ、割ってみると意外と少ないなんてことはありませんか?

お金をを今週いくら使いましたか?

先週の使ったお金と今週のお金を比べてみてください。

先週使ったお金を覚えている人はいないと思います。

では、来週どのくらいの量を使いますか?

すると、先週使った金額を低く見積もり、未来は高く見積もります。

人は未来対してよいイメージを持つという心理が働くので、少なく見積もるんです。

見えないお金があるのが貯まらない理由です。

しかし、やってはいけないのは、貯金ををしようと思うことです。「シロクマのジレンマ」という心理が働きどんどん貯金ができなくなります。

それが出来たら皆貯金できています。

なので一番できる大切なことは、貯金ができる体質を作ることです。

では次に、お金を貯める具体的方法を説明します。

これは、メンタリストのDAIGOさんが、紹介していたやり方ですごくいいなと思ったので、知らない皆さんにシェアできればなと思いました。

ノスタルジー戦略

これは「人は、懐かしいものを見ると貯金が進む」という心理を使った方法です。

米金融大手のキャピタルワンが行った方法では、2つのグループをA「貯金の方法を教えるグループ」、B「懐かしい思いでにひたすら浸るグループ」に分けました。

3週間後の各グループを見るとAが22%、Bはなんと67%、貯金額がアップしていました。

ノスタルジック戦略のやり方

  1. 懐かしい風景や写真を見ます。卒業アルバム、実家、写真などなど
  2. 懐かしい感情に浸ります。
  3. 懐かしい感情と貯金をする理由を結びつけます。

懐かしかったあの頃を思い出し、心地の良い穏やかな日々を思いだしながら、貯金により得られる自由な時間を想像してみてください。

たったこれだけで無駄が省け、貯金に対して自然なモチベーションが上がります。

ひとつ懐かしい写真をスマホの待ち受けにいかがでしょうか。

感謝の日記をつける

人間は過去の出来ごとに感謝することでセルフコントロール(自制心)が向上するそうです。

衝動買いを防ぐために必要な能力です。

これぞまさに無駄が省ける方法です。

それについての研究結果があります。

3つのグループに分けます。A「感謝している出来事を描く」、B「幸せだった出来事を描く」、C「思い出したことを描く」。

各グループは、今すぐ54ドルもらうか、三日後に80ドルもらうかを選ばせました。

結果は、明らかにAだけが後から80ドルもらうこと選びました。

人は目先の利益には弱いです。

もし目先の金額がもっと少なかったどうでしょうか?きっとすぐに手に入る方を選択すると思います。

人はみな、損得の選択に迫られています。

セルフコントロールが出来れば、冷静な判断が下せます。

感謝の日記のやり方

方法は簡単です。

ツイッターでも、日記でもなんでも良いです。

毎日何気ないでき事を思いだしてみてください。些細な事、家族、子供、同僚、気づかないこでも何気ないことに感謝してみてください。

一週間に一度でもいいのでやってみてください。

普段気づかないことに気づくいい機会にもなると思います。

ポイントは

  1. 「感謝」で目先の誘惑に強くなれます。
  2. セルフコントールが上がれば無駄遣いが減ります。
  3. 一週間に一度でいいので、誰かに向けて感謝をしてみて下さい。

循環型思考

循環型思考とは、繰り返し同じことを行うということです。

これは、「毎日同じ出来事の繰り返しだから、1日頑張ろう」と思うことで貯金が貯まるという方法です。

ライス大学が行った循環型思考の実験があります。

2つのグループに分けました。A「2週間でなるべく貯金をしてください。と伝える」、B「毎日は同じことの積み重ねであることを伝える。その時お金を貯めてくださいとは伝えない。」

結果は、貯金をしてくださいと言われたAより、Bの方が82%貯金額が増えました。

これは、貯めようとしていないのに勝手に貯まっていったっていう面白い結果です。

なぜこのような結果になるかといいますと。

循環型思考だと、毎日の出来事に敏感になるからです。先伸ばしが減るからとも言います。

循環型思考のやり方

過去1週間のデータを記録するということです。

家計簿等でつけてもかまいませんが、

ざっくりアプリで記録するのでも効果があるそうです。

ポイントとしては、

  1. 循環型思考とは、人生は1日の積み重ねであると認識することです。
  2. 「明日やろう」と思わないことです。
  3. 簡単でいいので1週間の消費記録をつけることです。

ぜひ、思考を変化させお金を貯めてみてください。

まとめ

お金を減らすに一番の方法は無駄を省くことです。

そして家計簿をつけることです。

そのモチベーションを保つための3つの戦略が

  1. ノスタルジー戦略
  2. 感謝の日記
  3. 循環型思考

これらの方法は貯金をする方法というよりは、

日々の積み重ねや習慣を変えることで貯金体質にさせるということです。

今回の方法は、メンタリストのDAIGOさんが提唱しています。

ぜひ、今回の記事を読んでみて参考になったと思ったら実践してみてください。

自分を変え、目標の貯金額を貯めてみてください。

ご清聴ありがとうございました。

 

 

コメント

  1. best cbd oil より:

    What’s Happening i am new to this, I stumbled
    upon this I have discovered It absolutely useful and it has helped me out loads.
    I am hoping to give a contribution & assist other customers
    like its helped me. Good job.

  2. Thanks for finally writing about > 貯金を増やして財産を作る方法 3技術公開 | はろはろブログ < Loved it!

  3. It’s really a nice and useful piece of information. I’m
    glad that you shared this useful information with us.
    Please keep us informed like this. Thank you for sharing.

  4. It’s an awesome article designed for all the online users; they will take
    benefit from it I am sure.

  5. Good day! I could have sworn I’ve been to this website
    before but after reading through some of the post I realized it’s new to me.

    Anyhow, I’m definitely happy I found it and I’ll be book-marking and checking back often!

  6. Thank you for sharing your thoughts. I really appreciate your efforts and I am waiting for your next post thank you once again.

  7. Thanks for sharing your thoughts on お金. Regards

  8. I was recommended this web site by means of my cousin. I’m not positive whether this submit is written by means of him as no one else recognise such specified about
    my difficulty. You’re amazing! Thank you!

  9. This blog was… how do you say it? Relevant!! Finally I have found something
    that helped me. Kudos!

  10. You’ve made some really good points there.

    I looked on the internet for additional information about the issue and found most individuals will go along with your views on this site.

  11. Cool blog! Is your theme custom made or did you download it from somewhere?
    A theme like yours with a few simple adjustements would
    really make my blog jump out. Please let me know where you got your design.
    Bless you

  12. Hi would you mind stating which blog platform
    you’re working with? I’m going to start my own blog in the near future but I’m having a difficult time deciding between BlogEngine/Wordpress/B2evolution and Drupal.

    The reason I ask is because your design seems different
    then most blogs and I’m looking for something
    completely unique. P.S My apologies for getting off-topic but I had to ask!

  13. Have you ever thought about publishing an ebook or guest authoring on other sites?
    I have a blog based upon on the same information you discuss and would
    really like to have you share some stories/information. I know my subscribers would appreciate your
    work. If you are even remotely interested, feel free
    to send me an e-mail.

  14. It is actually a nice and useful piece of information. I’m glad that you just shared this useful information with us.

    Please stay us up to date like this. Thanks for sharing.

  15. sarmat2007.com より:

    Excellent post. I was checking constantly this weblog and I’m impressed!

    Extremely helpful information specially the
    final part 🙂 I handle such info a lot. I was seeking this certain info
    for a very long time. Thank you and good luck.

タイトルとURLをコピーしました