楽して痩せよう~ケーキを食べると糖中毒になる

ダイエット

 

精製された炭水化物を食べると‘‘食物依存‘‘になる説

今回は、おぞましい中毒反応について説明していこうと思います。まず、今までの記事でも書きましたが、人がご飯を食べてお腹がいっぱいになると脳から「もういらないよ」って信号が出されて食べたくなくなります。それがホルモンです。詳しく説明すると、

コレシストキニンや、ペプチドYYといったホルモンは、摂取したたんぱく質や脂質に反応して、食べるのをやめさせる信号を出します。ビュッフェ形式のレストランを想像してみてください。

お腹がいっぱいになった後、ピザを二切れ食べようとすると気持ち悪くなりませんか?でも、ケーキやパイを出されたらどうでしょうか?子供のころよく「デザートは別腹」だといいましたよね。

私たちの体は不思議なもので、脂質やたんぱく質にに対しては、満腹ホルモンが出るが、高度に精製され加工された食べ物に対して、なぜか満腹ホルモンが出ないのです。そして私たちはそのケーキを食べてしまいます。

中毒性があるといわれている食べ物

中毒性があるといわれる食べ物は、どんなものがあると思いますか?パスタ、パン、チョコ、クッキー、ポテトチップス。ここから何か気づきませんか?

どれも「精製された炭水化物」でできています。これとは反対に魚、肉、果物に対して中毒を持っている人を見たことがありますか。どれも美味しいですが、中毒性はありませんよね。

パスタ、アイス、アップルパイ、マッシュポテト、パンケーキ。これらは食べると幸せな気分になります。しかし、このどれもが「精製された炭水化物」で出来ています。

脳の中でどんな働きが起きているのか?

こうした食べ物を食べると、脳の中の報酬系が活性化され、私たちに‘‘快‘‘の感覚を与えることが分かっています。

それだけでなく、「精製された炭水化物」は中毒になりやすいため、これを食べても自然に満腹ホルモンが出なくなってしまいます。結果的に食べ過ぎてしまうのです。

この理由としては、‘‘自然食品‘‘でなくて‘‘高度に精製された食べ物‘‘だからなのです。要は、加工されているから中毒性になるのです

まとめ

今回は、加工された糖食品に潜む痩せない理由と中毒性があるということを説明しました。少し、短めで端的では、ありますがポイントとしては、「中毒性」が肥満を引きおこす要因のひとつになっているのだということ。

食べるなとまでは言いません。食べると、幸せな気持ちになりますよね。食べすぎが、体に良くないことであって、適度に楽しむのが一番ではないでしょうか。

少しでも、皆さんの健康の役に立ち、幸せになれればと思い書いています。アドバイスや補足情報いつでも受け付けております^^

ご清聴ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました