お金

バビロンの大富豪 誰でもお金に愛される大富豪になる方法 【ネタばれ】書評!

更新日:

今回はお金に関する有名な本である「バビロンの大富豪」をご紹介します。

どうやったらお金は貯まるんだろう?

貯蓄を増やしたいけど、なかなか貯まらない。

それは当然のことです。

何故なら、私たちの義務教育で受ける授業には「お金」に関するものがありません。

そこで今回はお金の授業と題しまして、世界的有名で1000万部も読まれている「バビロンの大富豪」から学べるお金に愛される方法を解説していきたいと思います。

バビロンの大富豪とは?

元祖マネー本です。ジョージ・S・クレイソン著

古代、世界で最も裕福だったバビロンという都市に住んでいた大富豪のお金に対する考え方を1926年に物語風に書かれたものです。

なぜ100年近く経った今でも世界で読まれ続けているのか?

非常に本質的であるからです。

どうやってお金を稼ぐのか?でなく

どうやったらお金に愛されるようになるのかが書いてあります。

そのことに対する7つの方法や5つの法則が書かれています。

今回はザックリ説明します。

具体的には、大富豪になるための3つの方法が書かれています。

  1. 正しいお金の貯め方
  2. 正しいお金の使い方
  3. 働き方

詳しい詳細につきましてはご自身で本を読んでみてください。

正しいお金の貯め方

まず大切なのは、毎月収入の10分の1を貯金するということです。

消費や浪費はしてもいいですが、それらは他人の懐に流れているだけだと言います。

それではだめです。

正しく貯めてこそ自分のお金になるのだと。

また、正しく投資が出来れば、お金は自分の奴隷になるのだと言います。

そのお金を収入の1割から始めろということです。

とてもシンプルです。

サラリーマンの平均的な生涯賃金はおよそ3億円といわれています。

60歳の定年から90歳まで生きたとして

3000万円あれば毎月約8万円、夫婦2人であれば、17万円使えることになります。

そのお金と年金を合わせた合計が毎月入ってくると考えると十分なお金だとは思いませんか?

収入の1割って意外に難しいですよね。

すごく単純に見えて、なかなかできないことそこが大切だと思います。

なぜたった1割が貯められないのか考えてみてください。

皆さんは毎月の収支を振り返ったりしていますか?

心理学的にも自分が使っているお金の収支が分かると、節約しやすくなると言われています。

ぜひ、家計簿、家計簿アプリを今すぐダウンロードして収支を記録してみてください。

給料の1割なら飲み会や保険料の見直しをすればすぐ届きそうな額だとは思いませんか。

実戦あるのみです。

正しいお金の使い方

貯めたお金は、寝かせず投資をしろです。

これは正しいお金の使い方を知れば自然とお金は入ってくる仕組みを作るということです。

お金は奴隷です。

働かさなければ、稼いでこないんです。

本書で書かれているのは、

損失という災難からお金を死守しろということです。

お金を投資しようとすればするほど、だまそうとする人がたくさんいます。

本書の主人公もコツコツ稼いだお金をだまし取られてしまいます。

お金の流れを作るのが大切だが、その分だまそうとする輩が近寄ってくる可能性も上がります。

そこでバビロンで大切だと書いてあるのは

  • 元手の減らない投資をすること
  • 知恵のある人の話を聞くこと

元本が減らない投資はありません

ここでいう元本の減らないというのは

なるべくリスクが少なく、コツコツと貯められる投資という意味です。

決して変な勧誘には乗らないでください。

現代でいうと

積み立てインデックやiDeCo、積み立てNISAなどではないでしょうか。

自分の家を買った方が良いというのも注意してください

本書では、自分の家を買うことはリターンの大きい投資であると書いてあります。

これは、家の価値が落ちないという場合のみです。

あくまでも、これは100年前に書かれた本です。

今の日本では土地値段が難しいと思います。

しかし、自分の家を持つことにおいての精神的なメリットも書いてあります。

個人的な解釈ですが、マイホームを持つことで精神的安定や

職場や電車が近いなど、時間的確保も自分への投資になるのではないでしょうか。

働き方

最初の方の話は、お金に関する話です。

最後は「働き方」について書いてあります。これは個人的には共感できました。

様々なお金持ちが同じようなことを言っています。

投資で収入をするということを経たのち、

労働の意義や楽しみを見出せと書いてあります。

幸せなお金持ちになりたいならば、労働を憎んではいけないということです。

出来れば働かなくてもお金が欲しいというのが本音です。

でも、仕事というのは労働に対する対価としてお金をもらっています。

自分の価値がお金で表されているということです。

お金を貯めて投資に回すまでは、多少時間がかかります。

まず、手っ取りばやくできてしまうのが労働を楽しみながら価値をつくることではないでしょうか。

もし、それが叶わないのであれば、仕事を変えてでも楽しめることをするべきです。

これが我々が一番最初に実践できる「バビロンの大富豪」の教えなのではないでしょうか?

まとめ

この本は世界で最も栄えた古代都市バビロンの大富豪の考え方が書いてある本です。

  1. お金の貯め方…収入の10分の1を貯蓄すること。
  2. お金の使い方…リスクの少ない投資に回すこと。知恵のある人に話を聞くこと。
  3. 働き方…労働を楽しむ

ということです。

投資では、元本を割らないということは現代ではありません。

本書では、自分を資本とすると書いてあります。

要は、自分の価値を高めるということです。

中でも自己投資とは最高の投資ではないでしょうか?

本を読むこともすごくいいことだと思います。

そこで大切なのは、アウトプットすることです。

必ず自分にリターンが返ってくると思えるような自己投資を考えてみてはどうでしょうか。

この本には他にも人生のためになるお金に関することがたくさん書いてあります。

気になる方は、ぜひご自身で本を読み自分の人生に自分なりに活かしてみてください。

ご清聴ありがとうございました。

 

 

-お金

Copyright© はろはろブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.