ナッツを食べ過ぎるともたらす体の変化と効果とは

健康

ナッツの効果

アーモンド、クルミ、カシューナッツ、ピスタチオなどのナッツ類は、健康的な食品として知られています。最近の研究では、ナッツが心筋梗塞などの心疾患や肥満の改善にも役立ち、あの癌でさえも予防できるという研究結果が発表されています。他にもメタボやみんなが気なる高血圧でも予防するというから驚きです。

ナッツには現代人に必要な栄養素が多く含まれています。脂質を多く含む多脂肪食品で、少量でも高カロリーな食品です。食べ過ぎには注意が必要です。

飽和脂肪酸、カルシウム、カリウム、マグネシウム、食物繊維などの栄養素がふんだんに含まれいて、善玉と悪玉のコレステロールのバランスも改善してくれます。他にもナッツ類に含まれるフラボノイド、レスベラトロールなどのフィトケミカルには、血管や細胞を傷つけ、動脈硬化などを引き起こす活性酸素を抑える抗酸化作用もあります。

どのくらい食べるのが適量なの?

FDA(米国食品医薬品局)によると、ナッツ類については

1日に1,5オンス(42g)を食べると、心筋梗塞などの心血管疾患のリスク低下に効果的です。

と発表しています。42gというとだいたいひと握りほどです。

代表的なナッツ類の100gあたりのカロリー

  • ピーナッツ:526㎉
  • カシューナッツ:575㎉
  • アーモンド:600㎉
  • ピスタチオ:601㎉
  • クルミ:604㎉
  • ブラジルナッツ:669㎉
  • ヘーゼルナッツ:684㎉
  • ピーカンナッツ:702㎉
  • マカダミアナッツ:710㎉

ナッツを食べると体重が増えるかも?

肥満専門誌「Obesity」に掲載された論文によると

ナッツを週2~3回食べた人は、全く食べなかった人に比べて、実験後の28か月で増えた体重が0.4㎏少なかった

この結果からもナッツ類を食べたことで体重が減ったことが分かっています。高カロリーな食品にも関わらず体重は減るとの結果は衝撃的でした。

栄養学専門誌「Advances in Nutrition」に掲載されたメタ分析の結果は、1週間で1.5食分のアーモンドを食べた成人の体重と悪玉コレステロール(LDL)が減ったことを示していました。

ナッツの効果 心臓病予防

ナッツに含まれている不飽和脂肪酸・オメガ3脂肪酸・食物繊維・ビタミンE・食物ステロール・Lアルギニンが、LDLコレステロールを下げたり、動脈壁を柔らかくしたりして、心臓の健康に貢献しているそうです。

同じナッツでもココナッツオイルの方は、食物繊維が含まれていないのでお勧めしません。

おススメはこのナッツです。ナッツはスーパーで買う意外と高いんです。しかもまとめて買うとついつい必要以上に食べ過ぎてしまいます。リンクにあるのは一週間分と決められた量で済みますし、おまけに安く買えるのがとってもおススメです。チーズも入ってるので美味しく食べられます。チーズとナッツの相性は抜群なので飽きずに毎日食べられること間違いなしです。ぜひ試しにひとつお試しください。

ナッツは食べ過ぎる起こること

健康に良いと思い、おいしく手軽に食べられるナッツ類はついつい食べ過ぎてしまいます。体にいいはずのナッツですが、食べ過ぎるとお腹の張りやガスだまりの原因にもなったり肌にニキビが出来たりします。

油分を摂りすぎることで皮脂が多く分泌されます。ナッツそのものよりも、加工の際のバターや食塩が原因となることが多いです。買うときは、できるだけ無添加のもので「素焼き」を選ぶようにしましょう。

他にもナッツは腸を活性化させて老廃物を排出する働きを持つ不溶性食物繊維を多く含んでいるため、食べ過ぎるとお腹の調子が悪くなる恐れがあります。食物繊維の摂りすぎでお腹が緩くなっていしまったり、逆に食物繊維の消化に時間がものすごくかかってしまうためにそのような現象が起きてしまいます。

腸の中で水分と油分に分離して消化不良を起こすと、腹痛や下痢、便秘を引き起こすことがあります。

ブラジルナッツにはセレン中毒になる可能性もある

ブラジルナッツを食べる際は、特に注意が必要です。セレン(ミネラルの一種)を豊富に含む植物源のひとつが含まれています。ナッツ28g(6~8粒)に含まれるセレンの量は、1日に必要な量の約10倍に相当するそうです。

セレン中毒になると、爪がもろくなったり、口臭が発生するほかに、筋肉や関節の痛みが引き起こされたりします。他の種類のナッツでは発生しませんのでご安心を。

まとめ

ナッツは、美容やアンチエイジングだけではなく、健康や長寿の為にも注目されている食材のひとつです。でも、「太りそう」「ニキビができそう」「脂肪分が多そう」というイメージから避けてきた人も多いかと思います。確かに高カロリーで高脂質なナッツですが、ナッツに含まれる脂質は良質で高栄養かです。多くの有名人やハリウッド、医者、大学教授も注目しています。

ぜひ適切な量を摂取して健康な身体を作り、病気や肥満を知らない、負けないカラダを目指してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました