スプーン一杯のハチミツの効果と効能【美容 疲労回復】おすすめの食べ方

健康

みなさんハチミツはよく食べますか?

ハチミツは健康目的で何百年前から食べられています。そしてちゃんと保管しているものであれば腐ることはない食べ物です。

スプーン一杯のハチミツの効果と効能【美容 疲労回復】おすすめの食べ方

  • 酸化防腐剤の役割…肌の調子が良くなります
  • 神経の緊張を和らげる…神経の働きを抑えて安らぐことができます
  • 喉にいい…抗菌作用を持っているからです
  • 痩せる…ハチミツのカロリーは砂糖よりも低く甘未は3倍もあります
  • 疲労回復
  • 寝つきが良くなる…セロトニンの分泌が促され、そのセロトニンは眠気を催すメラトニンの生成に役立ちます
  • 動脈硬化を防げる…ハチミツに含まれるコリンは血管を拡張させ、血管壁についた汚れを取り除いてくれます
  • 記憶力が良くなる…単糖類が含まれていないのですぐに脳のエネルギーになります

 

ハチミツの豆知識

飴で食べるハチミツは100%がおススメです。スリランカでは痩せたければハチミツを食べなさいと言われるほどダイエット向きな食べ物です。注意点は食べ過ぎることです。

細菌学者のW・Cサケット博士がハチミツの殺菌力を調べる為にハチミツに細菌を混入するという実験を行いました。

それによると赤痢菌は10時間以内で全滅、パラチフス菌は24時間以内、腸チフス菌は48時間以内に死んでしまったそうです。
また、ハチミツは短時間で腸壁から吸収されるため胃腸の負担にならないので体力の衰えた方にも効果的です。
1953年にエドモンド・ヒラリーが世界最高峰の山エベレストを初登頂した際栄養補給にハチミツを飲み続けていたという逸話も残っています。
ハチミツに含まれるコリンやパントテン酸には肝臓を強化する作用があります。二日酔いの防止や回復に効果があります。
高血圧予防にも効果があります。アメリカの医学者ローランドは動脈硬化と心疾患の食事療法にはハチミツが欠かせないと述べています。

効果的な食べ方

寝る前にハチミツを摂るのがおススメです。古来から健康や薬用目的で使われてきたハチミツですが、寝る前のハチミツ一杯があなたの生活を変えてくれるかもしれません。

善玉菌も増殖されるのでお通じや肌荒れが改善されます。

①ハチミツとニンニクを一緒に摂る。

ニンニクの効能は…

  • 癌のリスクを下げる
  • 免疫力の向上
  • ストレスの減少
  • エストロゲンのレベルを上げる

ニンニクのこれらの効果とハチミツの効果の組み合わせは最強の栄養食材になります。

ハチミツにんにくのつくり方

  1. ニンニクの皮をむく
  2. ガラス瓶ににんにくを入れてハチミツを混ぜる
  3. 空気の泡をへらで取り除いてから蓋を閉まる

ハチミツ漬けを作る際は、できるだけ蓋とハチミツの間に1センチ程度の隙間を開けて作ることがコツです。あとはキャビネットなどの暗い場所で1週間ほど寝かせるだけです。2年間は保管が可能です。

ニンニクを生で食べるのは抵抗がある方でもハチミツに漬けてあるので匂いが無くなって生で食べることができます。匂いを気にせず食べられるのは最高ですよね。

まずは効果をしっかりと得る為に1日3粒程度を食べてみてください。次の2週間は全く食べないことをしてみてください。いきなり食べると胃が荒れる可能性もあるので気を付けてください。

にんにくは摂取することで疲労回復効果が高く、コレステロールまでも下げてくれます。特に効果があるのが悪玉コレステロールで抗菌作用により減るほか、腸内環境も良くなります。2つの食材が持つ抗菌作用、抗酸化作用にはウィルス・バクテリアその他体内に侵入して危害を加えるものを排出する効果があります。血圧も下げ心臓疾患の病気予防にもなります。
作るのが面倒だという方にもネットで安く求められます。なかなか店頭では手に入りませんし、自分で作る手間やおいしさへの心配もありませんよね。手軽に食べられるにんにくハチミツ漬けですが、おススメはこれです。ぜひ1日3粒から美と健康を作るために健康生活を始めてみませんか。

②ハチミツコーヒー

コーヒーの効果…

  1. カフェインは呼吸を楽にしたり痛みを和らげる
  2. ダイエット効果(ハチミツで砂糖を減らせる)
  3. 利尿作用
  4. 抗酸化作用
  5. 血糖値の抑制
  6. むくみ予防

ハチミツコーヒーの美味しい作り方

  1. お好みの濃さ豆で淹れたコーヒー
  2. ハチミツスプーン1杯
  3. ハチミツは熱に弱い成分も含まれているので少し冷めてから入れる
  4. よくかき混ぜたら完成
  5. ミルクやシナモンも淹れても良い

コーヒーは味が薄くなってしまうのでお勧めは深淹りが良いです。

後はお好きなように濃さをけてみるのもいいですね。砂糖よりも甘味料の高いハチミツを使うことでダイエット効果もありますし、ハチミツの方が砂糖よりも血糖値の上昇が穏やかになります。

コーヒーには元々、むくみやシミの予防効果があります。一方ハチミツにもニキビ予防やアンチエイジング効果、肌の乾燥を防ぐ保湿効果などがあり、コーヒーとハチミツ両方に美容効果があるので混ぜて飲むことで相乗効果があります。
おススメのハチミツはマヌカハニーのハチミツです。少々値段は普通のものより高いですが、非加熱で純粋100%のハチミツです。一口にハチミツといってもたくさんあるハチミツですが、スーパーで売られているハチミツは加工されていて本来の効果である殺菌作用が無いと言われています。

実は通常のはちみつとマヌカハニーの違いはここにあります。

マヌカハニーには「メチルグリオキサール」という独自の殺菌成分が多く含まれています。マヌカハニーにしか含まれない「メチルグリオキサール」は元々、花蜜には含まれていません。

「メチルグリオキサール」の特定の細菌を殺菌する能力は、通常のはちみつに含まれる「過酸化水素」と比べると、およそ2倍にも上るという報告もあるので「ピロリ菌」や「大腸菌」といった多くの体内で悪さをするの悪性菌にも効果を発揮してくれるのでお勧めです。

まとめ

ハチミツには人間の体に良い効果がぎっしり詰まっているすごい食材です。ハチミツには蜂によって運ばれた花により香りや味が変わるというので種類が多いのも納得ですよね。

そんな体に良いことしかないハチミツの効果とおススメの食べ方をご紹介しました。今回紹介した他にも「ハチミツレモン漬け」なんかもお勧めです。ど定番なので割愛しましたが、気になる方はぜひ調べて作ってみてください。レモンの持つクエン酸がハチミツの効果との相乗効果で疲労回復が期待できるスーパーフードです。

1日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました