「脂肪」は体にいいの?悪いの?避けてほしい脂質とは

健康

脂肪はすべて悪いものだと思われてきました。

 

ですが、その実態は間違いです。ダイエットをするときに、低脂質にこだわっていますが本当に成功させたいのであれば良い脂肪は、積極的に摂るべきです。

 

悪い脂肪と良い脂肪の見極めが大切です。

 

では、脂肪の何が具体的に体にいいのか、説明していきたいと思います。

「コレステロール」は血液をドロドロにしない

心臓疾患や脳卒中は、高いコレステロール値による疾患というより、「炎症性疾患」でおこります。

 

これは、簡単に説明すると、血液の中に傷がつき炎症が起こることで血管内に壁を作るプラークが増えて、血管が詰まったりするということです。そうすると心臓に送られる酸素の量が低下し、発症に至ります。

 

よく思われがちなのが、コレステロールの摂りすぎで血管が詰まるという考えなのですが、心疾患に対する直接的なリスクは、実は無いのです。

 

こういった誤った考えが、「飽和脂肪酸を多く含む食事は高い血中コレステロール値の原因となり、それが心疾患を引き起こす」という食事と心疾患の関係についての仮説が生まれました。それは本当なのでしょうか?

コレステロールが「脂肪膜」の材料になる

しかし、血中のコレステロールの大部分(80%)は肝臓で合成されています。食事から摂取できるものはわすか20%のみです。

 

よく、コレステロールはよくないものと見られがちですが、コレステロールは、体中の細胞を覆う細胞膜の主な構成要素です。脳を除くすべての体内細胞が細胞膜を形成するのはとても重要なことです。

 

食事からコレステロールを排除してしまうと、それを危機とみなした体は、肝臓でコレステロールを合成しようとします。今では低脂質ダイエット法は、心疾患に効果はないと言われています。

 

しかし、それでもなお、まだ関係があるように見られるのは、産業化に伴って増えた加工食品が背景にあると思います。先進化が早い国では、動物性のたんぱく質や糖質の摂取も多く、心疾患の罹患率も高いのが背景としてあります

体に良いとされてるアボカドの脂質は「マーガリン」並み

栄養は3つの栄養素を中心として考えられてきました。たんぱく質、脂質、炭水化物です。でも細かく分けると何種類もの栄養素が食品には含まれています。

 

アボカドを見てみましょう。アボカドは「88%が脂質、16%が炭水化物、5%がたんぱく質、4,9gが食物繊維」が含まれています。同じ脂質でもトランス脂肪酸の入ったマーガリンとでは全く違う脂質が含まれていて、そのふたつは比べることができないほど違います。

 

昔は、すべての脂肪が同じく体に悪いものとされてきましたが、それは間違った考えにより否定されてきました。同じ脂質でもアボカドの脂質はとても体にいいものです。

良い脂肪と悪い脂肪、どちらも栄養表示は同じ「脂質」です。

同じ脂肪でも、天然の動物性脂肪のほとんどは、主に‘‘飽和脂肪‘‘です。それに対して、コーン油などの植物性油脂は、主に‘‘オメガ6多価不飽和脂肪‘‘です。

1900年から1950年にかけて、動物性脂肪の消費量だんだんと下がり始めました。すると、それとは反して、オメガ6脂肪酸の摂取量が増えてきました。これは、世の中の食が変化してきたのという背景があります。

植物性油脂に含まれる「オメガ6脂肪酸」とはどんなもの?

これは、体で作ることができない脂肪で一部の魚や植物油に含まれています。多価不飽和脂肪酸とも呼ばれる物質のひとつで、‘‘エイコサイド‘‘と呼ばれる炎症物質にほとんどが変換されます。

 

この植物油の使用量が増えたのは、技術の発達により、トウモロコシなど本来であれば少量の植物油しか得られなかったものが、大量に生産できるようになったのがあります。

 

一方で「オメガ3脂肪酸」は、主に抗炎症性の多価不飽和脂肪酸でアマ、クルミ、サーモンなどの油ののった魚に含まれています。どういった効果があるかというと、血栓症を減らして、心疾患の予防などがあります。

 

もともと心疾患の罹患率の低さは、カナダの先住民族であるイヌット族で確認されていましたが、それ以外の魚を主に食べる先住民族にも同様の低さが確認されています。

 

オメガ3脂肪酸に対して、オメガ6脂肪酸を多く摂ってしまうと、炎症が増えて心疾患が悪化してしまう恐れがあります。人間は本来出れば同じくらいの量を摂るべきとされてきました。

植物由来だから体にいいのは幻想

バターの代わりに使われるようになってきたのは、「マーガリン」です。これは食べられるプラスチックとも呼ばれています。マーガリンは、トランス脂肪酸と呼ばれる物質でできていて「すべて植物由来なので体に良い」と宣伝されていました。

 

1869年に、登場したマーガリンは、牛脂とスキムミルクから作られていました。もともとは白色だったものが、おいしく見られるようにと着色もされています。当初は、関税や法律であまり世に出なかったマーガリンですが、第二次世界大戦によるバター不足から需要が増え始めました。

 

いまでこそ、トランス脂肪酸は、消費者擁護団体のおかげで店の棚からは消えましたが、バターの代替品として使われたマーガリンは人間の命を脅かすものでした。でも、今は使われていないです。

 

自然にあるものが良しとされているのとは逆行して、マーガリンは、圧縮、溶媒抽出、精製、精錬、漂白、脱臭などの強力な加工の上で成り立っています。マーガリンは決して天然のものではありません。

 

人工的に作られ、トランス脂肪酸からできたマーガリンは体にいい訳はないのです。

悪い脂肪は「動物のえさ」を混ぜて消費期限を長くしている

飽和脂肪酸とは水素が含まれています。そのため、化学的には安定した物質であると言えます。一方で、植物油のような多価不飽和脂肪酸には、落とし穴があります。

 

それは、水素が欠けているという点です。科学的に安定しないので、腐りやすく消費期限の短いものになるために、人工的な「トランス脂肪酸」が作られるようになりました。

 

「天然のトランス脂肪酸」もありますが、乳製品や牛肉、ラム肉にはわずかですがそれが入っています。天然なものは人間の健康に害を及ぼさないとされています。

トランス脂肪酸とはなにか?

1902年にウィルヘルム・ノルマンが植物油を水素化して飽和させ、多価不飽和脂肪酸を飽和脂肪酸にできることを発見しました。これが「トランス脂肪酸」です。食品のラベルでは「水素添加植物油」と書かれています。

特徴は以下の通りです。

  • 腐りにくい
  • 常温では半固形なので簡単に塗ることが可能
  • 口当たりがいい
  • 油を換えることなく、何度も使用できる
  • 安く手に入る

製造業者は動物のえさに使わなかった大豆を加工して、植物油を作っています。少しの水素と化学を使えば体に悪いトランス脂肪酸が簡単に作れてしまいます。

このトランス脂肪酸ですが、これが心疾患をもたらし、多くの人の命を奪っていることに気づき始めたのは、その何年もあとのことです。

まとめ

今回は、脂質とは何種類かあり、それぞれによって効果が違うということを解説しました。ダイエットや健康になりたいのに、なかなか前に進まないという方。将来、健康で長生きしたいという方。

ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか?

今回は脂質に関して、紹介しました。自分で調べてみるともっといろいろな発見があると思います。そうして健康に興味を持つ人が増えてほしいなと思います。分からないこと、気になることが出てきたらご自身でも調べてみてください。

そして、その得た知識を皆さんでシェアしてみてください。

学校の授業では学ばないような栄養素のお話をなるべく分かり易いように解説してみました。

ご清聴ありがとうございます。皆さんの人生がより豊かで健康的になることに役立てたら幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました